てっちゃんの誕生

写真:てっちゃん看板、てっちゃんと獅子舞

「てっちゃん」は、カネテツデリカフーズ株式会社
(当時の“かねてつ蒲鉾株式会社”)のイメージキャラクターとして広く親しまれて来ました。
「てっちゃん」はどのようにして誕生したのでしょうか?

昭和26年…
村上副社長(当時)と北中氏の合作から誕生!

「てっちゃん」は、カネテツデリカフーズ株式会社(当時のかねてつ蒲鉾株式会社)のキャラクターとして1951年に誕生しました。それまでの蒲鉾の広告図案には、歌舞伎調の紫・緑・茶などの色使いが主流でした。そのため、明るく可愛い子供のキャラクター「てっちゃん」が看板広告に登場したことは、当時としてはかなり斬新なものでした。

写真:てっちゃん人形

このアイデアを生んだのは、村上忠雄(当時の副社長)と原作者である北中吉雪(当時の宣伝担当者)。当時、「可愛い可愛い魚屋さん」の歌が流行っていたことからヒントを得て、威勢のいい一心太助を連想し、そこに村上忠雄副社長の子供の頃の顔を加えて、可愛い子供のキャラクターが作り上げられました。

1951年3月には、神奈川県下の大船〜戸塚間で行われた野立看板競技大会で「てっちゃん」の広告看板が入賞。その後、当時の国鉄・私鉄沿線ターミナル、新聞広告などに広く登場し、多くの方に可愛がって頂き、いつしか「てっちゃん」の愛称が生まれました。

1982年に中島らも氏によりイメージを一新。お父さんも誕生し、皆様に愛され、てっちゃんは2011年に60周年を迎えました。現在は、カネテツ商品パッケージや店頭、様々なイベントやツイッター・フェイスブックなどのSNSでも活躍中です。

ページの先頭へ