おでん イメージおいしいおでんの作り方

 
作り方編
  いくつかポイントをおさえるだけで誰でもおいしいおでんが作れます。

簡単おいしいおでんの作り方について。
1
だし(参考:だし編)を大きめの鍋にたっぷりと用意します。

※煮ているうちに水分が蒸発し、煮詰まってきますので、最初から薄めのだしで炊きましょう。
2


下ごしらえした具材(参考:具材編)を煮えにくい物からゆっくり煮ます。
加える順番例

だしが温まる

(1)大根・ゆで玉子・こんにゃく・結び昆布・牛すじ等

(2)練りもの・じゃがいも 等


(3)たこ・はんぺん等

3
火は弱火で、練りものを入れた後は沸騰させないように注意して炊いて下さい。 

※沸騰させると、練りものの身が弱くなり味も抜け、食感と味が損なわれます。
4
30分~1時間炊きます。炊き過ぎないようにして下さい。炊くのではなく、
温めるという気持ちで。

※調理時間を短縮し味を染み込ませるためには、
おでんを10~20分程度(目安)煮込んだ後に
火を止め、冷ましてから再度温め直すと味が染み込みやすくなります。
5
食べる10~15分前に、10cm程のだし昆布を細く割き、鍋に入れます。

よりまろやかな味に仕上がります。
 
おでんトップに戻る
おいしさ研究所トップに戻る