おでん イメージおいしいおでんの作り方

 
具材編
  地域差は色々あるけれど、どんな具材でもほんの少しの手間で

ぐんとおいしくなります。具材の下ごしらえと具材の選び方のポイントについて。
大根 (1)3cm程の厚さに輪切りにし、皮をむきます。

(2)角をそぎ落とし(面取り)、十文字に浅い切り込み(隠し包丁)を入れます。

(3)鍋に大根とひたひたの水を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、串が楽に通る位まで煮ます。※米のとぎ汁(なければ生米)で茹でると、柔らかく白く仕上がり、臭みも抜けやすいです。

(4)だし汁に醤油・塩・みりんを加えて鍋に入れ、味が染み込むまで煮ます。
※醤油が入ったおでんだしでおでんを作る場合は手順(4)の下ごしらえは必要ありません。
大根テキスト
こんにゃく (1)1枚を三角形に四等分します。

(2)両面に浅く切り込みを入れます。 

(3)鍋にこんにゃくとひたひたの水を入れて火にかけ、
沸騰したら3分程で引き上げます。
こんにゃくテキスト
練り物 (1)ざるに油抜きしたいものをのせ、熱湯を回しかけます。

※だしに醤油やみりん等を加えない場合は、
練りものの甘みがだしの旨みとなるため、
油抜きの必要はありません。
 
牛すじ (1)鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰した後、さっと茹でます。  


具材選びのポイント
   
  番外編
おでんトップに戻る
おいしさ研究所トップに戻る