沿革

カネテツデリカフーズの歩み

大正15年1926
1926

初代社長故村上鐵雄、西宮市において練製品製造業を創業する。

昭和19年1944
1944

戦時企業統制令により神戸かまぼこ株式会社に統合、社長に就任。

昭和23年1948

統制経済解除でかねてつ蒲鉾株式会社を設立。

昭和25年1950
1950

神戸市兵庫区神明町に神戸工場を建設完了し本社社屋も同敷地内に移転する。

昭和26年1951
1951

キャラクター『 てっちゃん 』誕生。
この時点ではまだ、てっちゃんと呼ばれていない。

昭和28年1953
1953

西宮市津門住江町に新西宮工場を新設。
生産を開始する。

昭和34年1959
1959

てっちゃん テレビ進出(てっちゃんの唄誕生)
練製品業界では初めてマスメディアによりイメージ広告を導入。
これからの宣伝広告は商品そのものを宣伝するのでは無く消費者に愛される広告が必要になる、キーポイントは可愛がってもらう事であると考え、マスコットキャラクター『てっちゃん』を全面に出した、テレビコマーシャルを展開。

昭和42年1967

名古屋販路拡大・名古屋営業所ビル建設。

かねてつ食品株式会社に社名変更

昭和46年1971

西宮工場事務所新築する。

初代社長村上鐵雄死去により従六位勲五等に叙せられ瑞宝章を授与せられる。同月村上忠雄社長に就任。

昭和60年1985
1985

CI導入により、カネテツデリカフーズに社名変更。
企業イメージのリニューアルを実施。「シーフードの新しい波」

平成元年1989

村上 健、社長に就任。

平成2年1990
1990

六甲アイランドに、六甲工場完成。

“全商品保存料無添加化”実施。

平成7年1995

本社機能を六甲工場へ移転。

平成18年2006

「ISO22000」認証取得。

平成19年2007

「鱧板」が全国蒲鉾品評会にて”大阪府知事賞”受賞。

平成21年2009

「油で揚げていない」シリーズ発売。

平成22年2010

「紅白恵比寿セット」がモンドセレクションにて”金賞”受賞。

平成23年2011

てっちゃん60周年を迎える。

「海鮮揚げだし」「恵比寿伊達巻」がモンドセレクションにて”金賞”受賞。

平成24年2012

てっちゃん工房オープン。

平成27年2015

エキマルシェ新大阪に直営店舗”ネルサイユ宮殿”オープン。

平成28年2016
2016

創業90周年。
VIを実施。
ドルフィントレーディング株式会社を子会社化。

平成31年2018

FSSC22000・JFS-C・ISO22000の3つの認証取得。

令和元年2019

村上 寛、社長に就任。